バイヤー採用事例 セレクトショップや百貨店、スーパー、専門店などで採用された事例紹介

味、デザイン、そして、コンプライアンス。

対面販売で、味や性能がよく、非常によく売れる商品だからといって、小売店のバイヤーが採用するとは限りません。
小売店は、セルフ販売のため、お客様の目にとまり、説明がなくてもその商品の形状や特性を感受できるパッケージデザインが、重要なポイントになります。
また、販売事業者の責務として、法令、規格基準に適合していることは採用の前提条件となります。
その他、価格設定や棚割のしやすさ、賞味期限、リードタイムなど、バイヤーが判断する項目は多岐にわたります。

一生懸命に良い商品を製造しても、バイヤーに選ばれなければ、売り場で販売することができず、工賃向上につながりません。
バイヤーとの商談を経て、採用に至った商品とその担当者を取り上げ、その商品がバイヤーに採用されたストーリーを紹介していきます。